はがねのようせい

う~ん。私のそばには妖精がいて。

妖精がいて その1

私のそばに、妖精がいて。

懐かしかった妖精がいて。

 

なぜ、おカネも仕事もない私の前に現れたのでしょうか。

この妖精は食事もするし、トイレにもいく。

妖精と過ごすには生活費がかかるのです。

お金の事で一杯だった私の頭は、口を使ってこんな言葉を吐かせてしまう。

「妖精だって?馬鹿にしやがって!役立たず!どうして貧乏で何の取柄もない私の前に現れた!」

嘔吐した物は私を汚してしまいます。

妖精が笑っている。

「きったねぇなぁ」

 

雨の日の今日、妖精はタバコを吸うらしく、雨の中外へ行くと、ライター、そう、ジッポについて文句を言っています。

「何が雨風に強いだ。外でちっとも点きやしない」

と、家に帰ってきた今、修理しようとジッポから出した綿にまみれてブーたれています。

 

私は妖精を『ハーさん』と呼びます。

私に『ハーさん』が見えるようになったのは半年くらい前。

気が付くと、横にいた。

ハーさんはどこかで人間の真似をしてこの世界に居たらしく、「人間やるの飽きたから帰ってきた」というようなことを言って、私のそばにいるようになりました。

 

ハーさんは『鋼の妖精』というカテゴリーに属するらしく、初めて会った時「名前は?」と聞くと、「しらなーい」と答えました。

仕方ないからとりあえず、『鋼のハーさん』と呼ぶことになったのです。

「なんだそれ。変なの。『オイ妖精』とかでいいのに」と言いながらハーさんはその時も笑っていました。

笑っていました、と書きましたが、実は私にはハーさんの顔がよく分からなかった。

しっかりと顔が認識できなかったのです。

顔があるような、ないような。何となくボーッとしか顔が見えない。

今でもそう。ハーさんが人間の姿になった時もそう。

でもいいや。笑っているのはわかるから。

 

「帰ってきた」

初めて会った時にハーさんが言ったあの言葉が忘れられません。

「帰ってきたって、どーゆーこと?昔会ってたっけ」と私が聞くとハーさんはまた「しらなーい」と答えます。

「馬鹿にしてんのかよ?こっちだって知らないよ!」

私が怒ると、ハーさんが舌を出して変な顔をしました。

見えないけれど、確かに変な顔。

まあいいや。笑わせてくれようとしているのはわかるから。

 

きっと。初めて会ったんじゃないことはわかるから。

 

台所でみそ汁用の大根を刻んでいると、背中の方をモゴモゴとした声が通り過ぎます。

「えー、おかえとーだい」

その声は居間の方へ行ったらしく、私が振り返ると、人間の姿のハーさんが何かで口をいっぱいにして、つけっぱなしのテレビを立ったまま見るともなく見ています。

ハーさんには、人間の名残みたいなものがまだあるようで、というか、人間の名残だらけで。

私は居間に行き、問いただします。

「何食べてる?」

ハーさんはテレビを見たまま言いました。

「くぁらめう」

「あ?何?キャラメル?」

ハーさんが頷いた。

「いったい、何個口に入れてんの」

ハーさんが手を開いて私に突き出す。5個か。

私があきれてものを言う。

「気持ち悪い」

口の中のキャラメルを右頬に寄せたハーさんは、今度はハッキリと言いました。

「ねー、タバコ買うから」

私が財布から小銭をかき集めていると、ハーさんはジャンパーを抱えて、もう玄関で待っています。

「外寒いぞ!ちゃんと着て行け!それと、雨、傘!」

ハーさんがジャンパーを羽織りました。

「ほら、細かいのないから。キャラメル買うなよ」

千円札を渡すと、ハーさんは傘を手にしてその傘で「じゃぁね」と合図した。

「いってきまーす」と言って。

 

きっとまたコンビニでは人間のふりをするのだろうな。

その時、コンビニの人はハーさんの顔が判るんだろうな。

 

帰ってきたハーさんは、ジャンパーを脱ぎ捨て、自分の部屋に入っていった。

その脱ぎ捨てたジャンパーを今度は私が羽織り、買い物に出ようとする。

ハーさんはついでに一服してきたらしく、ジャンパーのポケットから開けたてのタバコが出て来ました。

それと。

100円ライターとこれまた開けたてのキャラメルの箱。

それを手にして玄関に向かう私は「買い物行ってくるから」と部屋のドアの向こうのハーさんに声をかける。返事がないぞ。ちょっとイラッとした私はドアにかける声が少し荒くなります。

「何だよ。ジッポ直すの諦めたのかよ」

ドアが開き、笑顔のハーさんが私を見つめました。

「そらのぉ~、ようわからんのだもの。まぁいいじゃんけ。雨やんでるけん。傘いらないぞなもし。いってらっしゃーい」

ふざけて訛ってやがる。

はぁ~。

タバコとライターとキャラメルを手渡した私は「おつり返せ」と言うのを諦めるのでした。

 

 

 

             ◎お読みいただき、ありがとうございました。