はがねのようせい

う~ん。私のそばには妖精がいて。

妖精と雪の道 その1

ぼふ!もこてん!

妖精がすべって転びました。

 

昨夜からの雪が止んだ山盛りの道の上。

転んだ妖精のハーさんの手から落ちたタバコが雪に包まれ、火を消しています。

「あはははは」

私はお腹を抱えて笑ってしまいます。おかしくて。

しばらく笑ったけれど、まだハーさんはうつぶせのまま倒れている。

 

私は「そうだ、スコップを買いに行こう」と思い着いて家を出て来たのです。

家を出たら、「一緒に行くよ。雪なんて久しぶりだもんねぇ」とハーさんがついてきた。

「寒いよ。それにちょっと遠いよ」

一緒に歩くのが面倒くさい私は、「家に居ろよ」という雰囲気を出来るだけ出して言ってみる、だけれどハーさんはついてくる。

まったく、ハーさんと歩くと、あちこちより道をするので面倒くさいのです。

そこらにいる犬や猫をかまうぐらいならまだいいのですが、この前なんか、アリの数を数え始めた。

なんだよ、それ。

 

動かないハーさんを見て、笑うのをやめた私は声をかけます。

「おい、大丈夫か?」

ハーさんが立ち上がった。もう雪で体がボフボフだ。

「ちべて~」

私はおかしくてまた笑ってしまいます。

「ははは、はははははは」

すると、私にはいまだによく認識できないその顔がニヤリと笑い、私の許に突進してきた。

私を突き飛ばす気だな。

そう思って身構えると、ハーさんはまた滑って転ぶのでした。

「いってー」

今度はあおむけにひっくり返ったハーさん。

手足を宙にばたつかせて、またすぐには立ち上がらない。

「ばーか。ほら、落ちたタバコ拾って」

あきれた私はもう付き合っていられないので、歩き始める。

もふもふ雪を避けながら、絶対滑らないようにと。

 

「一緒に転べばいいのに」

追い着いてきたハーさんが私の後ろで言いました。

チラと見ると、妖精は足跡のない雪の上を選んで歩いている。

私は誰かの通った足跡に上に自分の足を重ねて歩く。

「雪を歩くのは気持ちいいねえ」

ハーさんがまた言った。

足元の注意でそれどころではない私は一切答えません。

「ねー、帰りにタバコ買って」

私はやはり返事をしないで先に歩く。

こいつの面倒を見なければならない理由なんて何一つないのに、何で私はハーさんと暮らしているのだろう。

「タバコやめろよ、もう」

今度はハーさんが返事をしない。

「余分な金なんかないんだからよ、え?そうだろ?」

私は立ち止まって振り返りました。

 

妖精のハーさんはいつの間にか私のそばを離れて、少し遠く、足跡のまるで無い白い雪原に立っている。

 

「いいもん。もう出てこないから」

私を見つめ、そんな事を言うのです。

「そうしろよ」

私は見えない、認識できないその顔にそう言って、身をひるがえし歩いてゆきました。

 

ホームセンターで雪かき用のスコップ選んでいると、ハーさんが店の脇の煙草の自動販売機の所に立って、こっちを見ているのが見えました。

私は、見なかったことにして、近くにいた店員さんに話しかけます。

「あのう、もっと小さなスコップはないのですか」

 

巨大なスコップをレジから引きずるように運んでくると、ハーさんが後ろに来て言う。

「もっと小さいので良かったのに」

ハーさんが後ろからスコップを持ち上げます。

私はふつうに答えてしまう。

「みんな雪が降る前に買ってちゃったんだよ。こんなのしかないんだって」

それから、私の免許を使い自動販売機でタバコを買って、妖精と私は大きなスコップを二人で抱えて帰るのでした。

「そっちじゃないよ」

私の歩こうとする道の先を、ハーさんがたしなめます。

私はハーさんの先に立ち、ハーさんが示したまだ誰も足跡を付けていない雪の上を歩くのでした。

 

◎お読みいただき、ありがとうございました